topimage

2017-10

眠り姫が起きた^^ - 2013.07.04 Thu




ギガンチュームが咲きました。

1本、ぴょろーんと。

これは凄いことなのです。




この子は 庭を創った時、

ターシャテューダーの庭を目指していた私が

(今じゃ見る影もないですが・しくしく)

ターシャのお庭に群生している、

ポンポン大きなギガンチュームに憧れて。。。

同じのがいい!

わざわざ
大きな大きな花が咲く品種の球根を 探して植えたものなのです。




なのに、1度も咲いたことがなかった。

葉は出るけれど、

そのまま枯れてしまう。。。の繰り返し。

なんでなのっ!?!?


DSC_1573_convert_20130704205428.jpg
(その上ではツルバラが♪)


数年前、実家の父が草むしりをしてくれた時には、

グズグズに腐ったような球根が出てきて


「あれ、なんだこの球根。」


「あー、それさー、咲かないのよー。なんかへんなの。

。。。わっ、しかも腐ってない。。。?

捨ててもいいよ。。。(ションボリ)」

「なんも、捨てねしてもいい!埋めとけばいいべな!」


そんな会話をしたこと、よくおぼえてる。

そのままずっと、誰にも期待されず

この子は毎年なんとなーく葉を出しては、

咲くこともなく黄変し、

そのまま枯れて シーズンを終えてた。

枯れ姿さえも

「見慣れた、目を引かぬ当たり前の光景」になっていて。。。。。




それが!!!



もう、何年目?
かれこれ10年近いんじゃ???



咲いたもんね!!!!!!(驚!)

DSC_1562_convert_20130704205350.jpg


オーラもピンク〜〜〜www

(^^*


なんか、大きさは、
普通のギガンチュームになっちゃってるけど^^;

でも嬉しい☆


もうね、


これは、ビーボ(うちの庭師。あくまでも私ではない)に言って、

「庭の歴史書」に書いてもらわねばなりません。



2013年=

「ギガンチュームが長い眠りから覚めた年」




ぴかーん☆祝☆


DSC_1572_convert_20130704205415.jpg


でも、


今年はもうひとつ、驚いたことがありました。

玄関のハニーサックルが咲かなかったこと。



いつもは、バラと一緒に

もりもりっと咲いて、夕方になると甘い香りを放っていたのに。

これは去年かな、元気な頃の写真


DSC_0338_convert_20120706003149.jpg


↑こんなに玄関にからまっとったのに、

どんなに酷い冬でも元気な子で、

さすが和名は「忍冬(にんどう)」だねえ!!!

なんて、言ってたのに。

花が少ないうちの庭でも、

いつもこの子だけはモリモリと咲いてくれて、

香りがするたびに「ありがとう!」って言ってたのに。。。。





今年は全然芽吹かなくて、変だと思ったら

太い幹が何本か枯れていました。。。。

(TT)





ビーボは書きました。ぶ厚い「庭の書」に。


2013年=

「ハニーサックルが忍耐するのをやめた年。」



(TOT)




でも、それは別に悲しいだけのことではなくて

庭は 全体でひとつの生命体でもあるので、

きっとね、なにか、

影響、、響きあい、だったり 変化したり

(気象とか虫とか樹木が伸びてきたとか隣の植物の勢力拡大とかあるいは衰退とか色んな色んなこと)


なにかが、あって、


1つだけ見ると残念だし悲しいけれど、

他の場所ではいくつもの 忘れていたような花が、突然咲き出した。



全体で見ると調和しているのだと思う。

調和して、進化しているのだと思う。



庭師のビーボは書きとめている。




長い長い冬を越えて、

新たな、そして特別な春には、

ハニーサックルが長年の我慢を思い切ってやめてみた。

(彼女は自分の足元に伸び始めた、
柔らかな新芽にかけてみたのかもしれない)


いつもならハニーサックルが花盛りになる東南の

別の一角では、

植え付けて2年目の低木が、旺盛に伸び、満開となっていた。

(家主は自分で植え付けて『これ何の樹だっけ花が咲いてる!』という有様)



そして夏の知らせには、

誰もがあきらめて見向きもしなかった、

だけど確かにそこに植えられて、長い年月を生きてきた

ギガンチュームが咲いたのだ。






2013年は驚きの年だ。
そして7月は更に進化して何もかもが新しくなる節目月だ。


庭は「人生」であり、ひとりの人間そのもの、と見ることが出来る。

それはまた 宇宙そのものである。



人間たちは、もう過ぎたことを

まるでフェンネルの種を噛むように、味わい続ける癖がある。

(それがフェンネルのように美味しいならまだマシだけど)



だけど全体を見渡せば、 

そこには必ず、真新しい、見た事のない、驚くような、

美しい「何か」が姿を現しているものだ。


(面白いのは、大抵それは「元々そこにあったもの」ってこと!)





そういう風に、なっているのだ。




まあ、僕は、人間じゃないけどね。

人間も、植物も、宇宙も、みんな同じってこと!

僕はただ黙々と、今日も明日も花がらを摘むだけだけどね!

by庭師のビーボ




DSC_1566_convert_20130704205402.jpg


とっても幸せそうに咲いてますよね。。♪

(^^*






今日もありがとうございました♪
リアンノン



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rhiannon1655.blog.fc2.com/tb.php/109-255d91d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ねがいごとニギニギ/虹のブランコ «  | BLOG TOP |  » ニギニギ・カスタム/ぴかぴかの・・☆

プロフィール

リアンノン

Author:リアンノン
音・色・カタチの創造。
創造するとは、戻っていくこと。
わたしたちが本来持っている光を思い出せますように。
^^

カラーセラピー、セラピスト養成講座、
ヒーリングライアー(タオライアー)の演奏&ヒーリング、
ソルフェジオ音叉を使ったサウンドセラピー、
各種セッション受付しています^^


エネルギーを読みながら、お客さまと繋がりながら
あれこれ 創らせて頂いています。
*オーダーのDoll、二ギ二ギさんたち、龍、ユニコーン、アクセサリーやエネルギー雑貨などなど。。


よろしくお願いいたします♪
^^

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (1)
プロフィール (1)
ヒーリングライアーについて (1)
♪サウンドヒーリング/TAOライアー♪ (9)
♪〜TAO〜ミニミニMeeting(体験会)♪ (16)
♪センセーションカラーセラピー♪  (4)
♪カラーセラピスト養成講座♪ (5)
♪セッションメニュー♪ (1)
ニギニギ・カスタム (6)
ねがいごとニギニギ (26)
ニギニギangel・天使な二ギさん (1)
ニギニギって!? (1)
イベント (23)
ワークショップ (5)
未分類 (3)
♪聖獣/パワーアニマル♪ (1)
カラー日記 (6)
タオ日記 (31)
あれこれ日記 (59)
チャカポコ (8)
おしらせ (10)
わの舞 (2)
お知らせ♪ (71)
癒しの音WS (7)
制作WS (1)
ワンド (1)
オラクルカード (1)
自宅待機組み (7)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ