topimage

2017-06

ブリージングセッション/その2 - 2012.12.10 Mon

ブリージングセッションその1の続きです。




。。。。何が起きてるのか解らないまま、

閉じた瞼の、視界いっぱいに映像が見え始めます。。。




20110822183905c41.jpeg


黄色く眩しい丸いライトの光。

私のうえに、取り囲むように大きな人がたくさんいて、

私の体に覆いかぶさっています。






手術室で、自分が手術台の上にいる
のだな、とすぐに理解しました。

そんな風に冷静に俯瞰して事の成り行きを見守っている私もいて、

体験をしている私(肉体意識の私?)もいて、

体験はどんどん進んでいきます。



意識があるまま、麻酔せず、もう一度手術を受けているのです。




これが、肉体の記憶。

それは恐怖に満ち満ちていて、本当に恐ろしかった。

もう生きて青森には帰れないのか!!!と思ったほど 




メスを持った医師が

私の腹を裂き、内臓をごっそり取り出し、

何か喋っているのまで聴こえる。


私(の肉体)はパニック状態で死を感じている。


(殺される! やめて! もうやめて! 殺される!)



体が勝手に動いて、必死に、それはもう本当に必死にお腹を押さえ、

出された内臓を掻き集めお腹の中に戻す仕草を繰り返し繰り返し、

本当に。。。。怖かった。(TT)



全身麻酔で手術をされる時、肉体は一度死んでいるようです。

ブラックアウトして「無」の瞬間があったり。。。

(私だけなのか、誰でもそうなのか、解りませんが)





癒しの森の、みんなのタオママであるみゆきさんが、

途中でライアーを奏でてくれて、

リラム(感情エーテルの浄化に特化されたヒーリングライアー)の音色で、

音の無い絶叫に似た恐怖のエネルギーが ザーッと上へと運ばれるのが感じられ、

ソルフェジオのライアーでは「もう一度世界へ生まれてくる」というか

自分の中に戻って来る、そんな感じがあり、

「俯瞰している冷静な方の私」は

それぞれのライアーが、本当にその為に働くのを身を以て実感し、

音って凄いなと改めて思ったりもしました。

DSC_0515_convert_20121002080332.jpg





少し落ち着いて、暴れていた体をもう一度横たえて、

仰向けに寝て、呼吸をすると 再び同じ事が起きて。。。。。


2回、死にました。汗(ぐったり



合間に、寒いんだけど凄く熱くて、汗をかいてて

(うわー熱が出そう)って思っていたけど

後で思えば、オペ後の高熱の追体験?かも。

本当に不思議。 



でも手術は合計3回な訳で、セッション終了後に思わずデイブさんに

「もう1回、あるのでしょうか〜?(涙目)」と^^;

記憶が1回ずつで3回出るものか、それとも全てあわせて2回になったのか

それは君(ワタシ)にしか解らないよ、みたいなことで 確かにそうですね。

(結果的には、2回でOKだったらしい。。

翌日のセッションではまた違う体験となりました。)




セッション終了後、

感情面はフラットでスッキリ感があるぐらいでしたが

お腹の傷が、それはもう古傷であるのに、

「手術が終わって、たった今 麻酔が切れた」時と同じような、

「縫い合わせたばかりです!」というような痛みが出てきました。

すごいですよね。。。


ホメオパスでもあるみゆきさんが選んで下さったレメディを摂って、

翌日には痛みが消えて。





人間の体は本当に奥が深い。

そして何より、呼吸しただけ、、、

それも今まで私が知ってた呼吸法のような

カウントして吸ってはいて〜何秒止めて〜 とか

こっちの鼻穴ふさいでこっちから吸って〜 とか

そういう事すら無く、

ただただ体いっぱいに酸素を送るようひたすら呼吸する。

それだけでここまでの体験が起きるなんて。

衝撃的でした。


でも、

「呼吸しただけ」というよりも、

真実は、

「呼吸ってそれだけ大事なこと」
ってことですよね。




呼吸が全てで、生きる事は呼吸である。





この体験で出て来た、肉体が持っていた恐怖。

これってきっと、私の全てにおいて大きな影響力を持っていた筈です。



肉体は、それ(手術)が私を助ける為だなんて解らないから

その恐怖といったら。。。ですよね。。

そして出て来た感情に、もう大丈夫なんだ、ちゃんと生きてるんだ、

それはもう終わったことで、今はもう大丈夫、安心していいんだ、と

伝える事が出来て 気づけて、解放してあげる事が出来て、本当に良かったです。



しかしこれ、お二人のしっかりとしたサポートがなければ、

どうなってたか、、、というか、開始5分でこんな事になっちゃうと思うと

とても家で1人では無理、、、と 若干の不安を感じましたが

(それだけ凄かったので 汗)



普通はこんな、5分でこの状態ってあり得ないそうで

この日はセッションの前に一日中、音のワークもしていたし、

準備が出来ていなければそれは起きない事、、というお話を聞いて納得。



準備ができていた、というのが何故かストンと腑に落ちるのでした。

この為に淡路島まで来たのかな、とも。

色々と、表面的な事だったり、自分で気づける心のぐらぐらやトラウマについては

自分で向き合ってこれたけれど、

やっとこの事に向き合える用意が出来たんだな、って深いとこで実感出来たので、

きっと こうなる事も解っていて淡路島に来たのだと思いました。



思えば今年は色んなパターンで「恐怖」と向き合う事が多く、

『何を怖れるの?』と自分に問うことで

うわぁ、ワタシってこんなにビビリだったんだ、

まだまだこんなに『外向き』で生きてるんだ、

自分で自分をそんな風にイジメてきたんだ、

色んなことに気づけた年でした。

だから、なかなか大変な事もあったけど、

ほとんどタオちゃんを通しての学びだったりして

そうして淡路島にもタオが連れてってくれたので。。。


「本当の自分になる」「高次の自己と繋がる」

タオのテーマそのもの。

タオが来てから、タオに成長を促され 早く早くとお尻を叩かれているような感じ。

(。。タオは私の娘!と言ってたけど、タオが私の親かも〜〜〜 汗)




DSC_0500_convert_20121002075932.jpg





私の場合は手術の経験、記憶ですが

怪我をしたり、叩かれたり、転んだり〜〜とか、

本人の意識としては大した事ないと思ってたり

大人になって出来事すら忘れてたりするような事であっても、

肉体は命の危機や恐怖を感じていたりして、

ブリージングによってそれらが出て来たりする事があるそうです。


心と体は繋がっているので、そういった事を解放し癒していくことは、

肉体だけでなく、全体としての「自分」に大きな良い影響があると思います。


またもちろん、感情面でのトラウマも同じことで

ブリージングによって、もう忘れた、なかったこと、としているような

心の痛み、感情などを出してあげる事で、

肉体の症状を癒し治癒させる事も出来るはずです。


すごく可能性を感じたセッションでした。





ご飯を1日食べなくても死なないが

呼吸を止めたら1時間も生きられない。


そんな 大切な 呼吸は

誰にでも、考えなくても 出来ることで、

呼吸によって潜在意識と繋がり、自らを癒していけるということは

やっぱり、



人間は最初から ちゃあんと 自分で自分を癒せるようになっていて、

すべては自分自身の中にあるのだ!



とつくづく実感。感動しました。







そして2回めのセッションも、とても深い体験になりました。

長くなったので、続きはまた。







関連記事
スポンサーサイト

ブリージングセッション/その3 «  | BLOG TOP |  » ブリージングセッション/その1

プロフィール

リアンノン

Author:リアンノン
音・色・カタチの創造。
創造するとは、戻っていくこと。
わたしたちが本来持っている光を思い出せますように。
^^

カラーセラピー、セラピスト養成講座、
ヒーリングライアー(タオライアー)の演奏&ヒーリング、
ソルフェジオ音叉を使ったサウンドセラピー、
各種セッション受付しています^^


エネルギーを読みながら、お客さまと繋がりながら
あれこれ 創らせて頂いています。
*オーダーのDoll、二ギ二ギさんたち、龍、ユニコーン、アクセサリーやエネルギー雑貨などなど。。


よろしくお願いいたします♪
^^

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (1)
プロフィール (1)
ヒーリングライアーについて (1)
♪サウンドヒーリング/TAOライアー♪ (9)
♪〜TAO〜ミニミニMeeting(体験会)♪ (16)
♪センセーションカラーセラピー♪  (4)
♪カラーセラピスト養成講座♪ (5)
♪セッションメニュー♪ (1)
ニギニギ・カスタム (6)
ねがいごとニギニギ (26)
ニギニギangel・天使な二ギさん (1)
ニギニギって!? (1)
イベント (23)
ワークショップ (5)
未分類 (3)
♪聖獣/パワーアニマル♪ (1)
カラー日記 (6)
タオ日記 (30)
あれこれ日記 (59)
チャカポコ (8)
おしらせ (10)
わの舞 (2)
お知らせ♪ (66)
癒しの音WS (5)
制作WS (1)
ワンド (1)
オラクルカード (1)
自宅待機組み (7)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ